読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なつめの挑戦記

アニメやゲームが好きで絵を描いたりいろいろやっていくブロブです

信じる道

こんにちは!なつめです!

なんとなんと、今年に入ってから20~30人くらいの方々と出会うことが出来たのですが、(新しい職場の人を含めたらもっとだけれども)

そのほとんどの出会いが今に繋がってるんだなぁと確信できる出来事がありました!

僕は元々、ぼやっとしたやりたい事を夢と思っていました。

最初はイラストレーターになりたい!というところからスタート。

だけれど、イラストレーターになって何をやりたいのか、というのがハッキリしていなかったのです。

(これが21歳くらいの頃です)

高校生の頃は野球部だったのですが、その時には小説を書いたりしていました。

24歳くらいの時に小説家になりたと思っていたり、映画を作りたい、音楽を作りたい。そんな思いでした。

それから根本にあるやりたい事って何なんだろうと考えるようになり、その時に考えついたのは

『夢を与えてくれた作品のように、夢を与えられる作品を作りたい』

というものになったのです!

だけれど、それだけではまだ曖昧で輪郭がハッキリしていなかった。

夢を持てればいいのだろうか?

せっかく夢を持っても動かなきゃ始まらない。

人を動かせる作品を作れれば、そう考えた時に自分の経験を思い出します。

様々なコンテンツ、例えば映画、小説、ゲーム、音楽から勇気や愛、夢を持ってきていました。

それは僕自身が感動を受けて、それをやりたいと思い、この思いを形にしたい、というのが始まりだったと今なら思えます。

ずっとイラストレーターになりたいと思い、イラストレーターとして仕事をただ探していた時期がありました。

だけれど根本にあるのは、人に感動を与えていける作品を作ることなんだと、そう気づいたのが2017年に入った頃です。

本当はプロになりたいとか、そんなことよりも感動を与えられる作品を作る事なんだと思い始めたら、僕の夢は一気に加速しました。

今年に入って約4ヶ月ですが、イラストでのお仕事も頂き、感動を与える作品というものを今まさに作っています。

もちろん全ての人に伝わるなんて思ってはいないですが、

『1人だけでも』

その作品で行動しようと思ってくれたら、それだけで僕の夢は形になった事だと思います。

行動するには心が動かないとまず出来ないです。

お金を稼ぐためだけの仕事や、やらなきゃいけない事とは違い、自分からやろう!と思わせることが出来たら、それは感動を与えられたことだと思うのです。

色々な人と出会い、その人たちの夢を沢山聞いて、きっかけになった事は必ず心が動いていた。

言葉で伝える事が苦手な僕は、自分なりの伝え方で感動を与えたい!

そして、その感動が夢と愛を育み、勇気を与えることに繋がれば、素晴らしいことだと思うのです。

この三つの感情を僕が持てているのは、親のおかげです。

持論にはなりますが、感情はみんなが持っていて、ただ眠っているだけ。それを呼び起こしてくれるのが親であり仲間であり、作品であったり。

そんな感情を呼び起こすお手伝いをこれからは僕の作品で伝えていきたいです!

どうぞ、これからもよろしくお願いします!